/ EN

Film & Media

テクノロジーとともに
進化する映像教育

スクリーンの時代からビジュアル空間の時代へ。デジタルテクノロジーの進化と共にあらゆる映像は私たちの生活と共存し、ARやVRのように表現のキャンバスもスクリーンを抜け出し現実空間へと拡張しています。インターネットの情報は文字から映像を移行し、誰でも手軽に映像がつくれ、発信できるようになりました 。映像が溢れる現在、そしてさらに進化する未来に向けて、映像を学ぶことは重要と言えるでしょう。映像学科では本質を見極めた表現の探求、アップデートし続けるテクノロジーを用いた映像研究と実験、映像を超越し“映像+α”でより良い社会を創造する人材を育成していきます。

Feature

特徴

学びをデザインできるカリキュラム

映像を幅広く学ぶことができます。1年次にさまざまな映像制作の基礎を、 2年次以降は、柔軟な発想でいろいろなメディアを学ぶことも、専門性にこだわって一つのメディアを深く学ぶこともできます。

地域?社会と連携したプロジェクト

少子高齢化をはじめ、日本の課題先進地域とも言える東北?山形。地域社会と連携したさまざまな演習やプロジェクトでは、切実でリアルな課題に取り組み、映像でそれらをどう表現し解決に導くかを実践的に学びます。

現役クリエイターの教員たち

資生堂のマジョリカマジョルカのブランドデザインを担当した山本コージ教授、『私立探偵 濱マイク』の監督?林海象教授や『ヨコハマメリー』の監督の中村准教授など、経験豊富な教員がそろっています。

Curriculum

授業紹介

映画?ドキュメンタリー?CM?写真?アニメーションやCGなど、多くのメディアを横断的に学びます。企画発想やシナリオ制作を基礎から学び、撮影?録音?編集は、プロ仕様の機材で技術を習得。専用の撮影スタジオがあるアニメーション制作室と音響室、充実したソフトと多数のコンピュータを完備したCG制作室、写真スタジオや試写室など、施設と設備も充実しています。
また、地域社会や企業と連携したプロジェクトに取り組めるのも魅力。ここで養われる「映像言語力」は、社会の課題を伝え、共感と感動を得る映像を作る上で大きな原動力となるでしょう。

カリキュラム

1年次

映像制作に必要なソフトの基本操作を習得すると同時に、コンセプトの立て方やコンテの書き方といった企画の基礎を学修。多様なメディアの特性を知り、自己表現したい映像や音を制作できる力を養います。

写真キャプション/映像製作基礎演習3という授業ではCG、アニメクラスに分かれ、ソフトの基本操作や原理を実戦的に学び、習得を目指します。
※画像はグループに分かれコマ撮りアニメーションの制作を進める様子。

? 〈 知識 〉 〈 スキル 〉 〈 ロジック 〉
前期 映像文化史/映画?CMなどの映像文化を概観するオムニバス授業
  • 映像制作基礎演習1/写真?ビデオ?撮影?編集の基礎
  • コンピューター基礎演習(前期)/Office、Adobeソフトの基本操作
  • 映像制作基礎演習2/制作ワークフローの習得とデッサン力の向上
コミュニケーション基礎演習1?2?3?4(通年)/映像の企画?発想やシナリオの書き方、制作の基礎
後期 メディア文化史/アニメーション、CG写真などのメディア文化を概観するオムニバス授業
  • 映像制作基礎演習3/アニメーション?3DCGモデリングの基礎
  • デジタル表現演習/実写合成?録音?整音の基礎
コミュニケーション基礎演習1?2?3?4(通年)/映像の企画?発想やシナリオの書き方、制作の基礎

2年次

地域や社会の課題に向き合い、映像でそれらを伝えることの、方法論と意義を学びます。短編映画?CM?写真?アニメーション?CGなど、さまざまなメディアから選択して、専門的な制作もスタートします。

写真キャプション/2年生からは専門的なメディアに分かれて技術習得を目指します。アニメーションやCGでは個人作業によって個々の作品クオリティを上げます。

? 〈 知識 〉 〈 スキル 〉 〈 ロジック 〉
前期
  • 映像プランニング概論/CMを中心に映像の企画?発想法とアイデアの考え方を学ぶ
  • 映像表現技法1?2/サウンドデザイン、VFXの技術を習得
映像制作演習1?2/映画、ムービーデザイン、アニメーション、CG、写真、ドキュメンタリー
より2つ選び専門的な技術の習得と制作
コミュケーション実践1/地域課題
後期
  • 映像コミュニケーション概論/広告ビジネスにおける多様な映像表現のあり方と発想法の習得
  • 映像表現技法1?2/サウンドデザイン、VFXの技術を習得
映像制作演習3?4/映画、ムービーデザイン、アニメーション、CG、写真、ドキュメンタリー
より2つ選び専門的な技術の習得と制作
コミュニケーション実践2/社会課題

3年次

映画?ドキュメンタリー?アニメーション?写真?CG?ムービーデザインといった中から専攻を選択し、表現の幅を広げます。卒業制作に向けて個人やグループでレベルと満足度の高い作品づくりに挑戦します。

写真キャプション/学年が上がるにつれて、特殊な機材や設備を自由に使うことができます。写真は東北でも有数の規模と設備を誇る写真スタジオです。

? 〈 知識 〉 〈 スキル 〉 〈 ロジック 〉
前期
  • 映像表現技法
    /サウンドデザイン?整音技術の習得
  • 映像制作応用1?2
    /映画、ムービーデザイン、アニメーション、CG、写真、ドキュメンタリー
    上記より2つ選択し、1?2年次において身に付けた技術を用いて表現の質を高める
  • コミュニケーション研究1
    /ポートフォリオ制作、キャリアデザイン
    これまで作った作品をポートフォリオにまとめ、企業研究を行う
後期
  • 映像制作応用3?4
    /映画、ムービーデザイン、アニメーション、CG、写真、ドキュメンタリー
    上記より2つ選択し、1?2年次において身に付けた技術を用いて表現の質を高める
  • コミュニケーション研究2
    /展示?上映、キャリアデザイン
    これまでに制作した作品を発表するための展覧会を行う。また自らのキャリアをデザインする

4年次

ゼミに分かれ、専任の教員による指導を受けつつ、これまで鍛えてきた表現力と技術力を糧に、完成度の高い作品を企画?制作します。制作した卒業作品は、学内外で発表。まさに4年間の学修成果の結集です。

写真キャプション/卒業制作で作った作品は学内外の人に見てもらいます。映像や音の最終調整を行うため、4年生はそれぞれ専用のスタジオに入り細かな調整を行います。

? 〈 知識 〉 〈 スキル 〉 〈 ロジック 〉
前期 映像研究
/ゼミに分かれ、専門的な研究をする
後期 卒業研究
/卒業作品の制作をする

Career

進路

取得可能な資格

卒業時取得可能資格

小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(美術)、高等学校教諭一種免許状(美術)、学芸員
※指定の科目を受講することで取得できます。

進路一覧

【放送、音響、映像制作等】アノン?ピクチャーズ/シーズクラフト/スタジオシャムロック/トライスラッシュ/スパイク?チュンソフト/オレンジ/ナックイメージテクノロジー/スポット/イマジカデジタルスケープ/AOI Pro./ディー?エム?ピー/ユーアール/石森スタジオ/イイノ?メディアプロ/エンジンフイルム/天神ビデオワーク/マウント/アマナ/FILM/サンセットスタジオ/クリックス/レスパスビジョン/NHK山形/東洋音響/コトリ フィルム/サウンド?シティ/JPD/東映デジタルラボ/ティー?ワイ?オー/プロダクション?アイジー/太陽企画/ダイバーシティメディア/さくらんぼテレビ/サットンプレイス/札幌テレビハウス/東北映音/福島映像企画/メディアネットワーク/アドックス/イノセンス/エルロイ/オムニバス?ジャパン/セプテンバー/デジタル?ガーデン/ドリームジャパン/ヒューマックスシネマHACスタジオ/福島クリエーティブ/めんこい/エンタープライズ/リンクスクエア/インテリア?エース/白組/ファーストハンド/プライド?トゥ
【アニメーション、ゲーム、玩具等】カプコン/コナミデジタルエンタテインメント/セガ/ナムコ/任天堂/アトラス/バンプ/レスト/プロダクション?アイジー/アイディアファクトリー/KATACHI/MAPPA/ミラージ/A-1Pictures
【出版、印刷、新聞等)山形新聞社/新日本印刷/若草印刷/アドベックス/イメージパーク/大風印刷/田宮印刷/精英堂印刷
【デザイン事務所、広告、IT等】アドックス/ジー?アイ?ピー/株式会社エヌ?デザイン/株式会社あとらす二十一/セラク/ピークス/ブラーヴォ/メトロ/ITSコア/ピラミッドフィルム/フロット
【学校、施設、団体等】郡山テクノデザイン専門学校/東海大学山形高等学校/東京デザイナー学院/さがえ西村山農業協同組合/農山漁村文化協会/医療法人徳真会グループ/花巻温泉
【製造、サービス、小売等】キャノン/山形部品/ル?プロジェ/360度

Professor

教員紹介

岩井天志 学科長

Iwai Tenshi
教授/アニメーション、アートプロデュース

テクノロジーと共に拡張と変化を続ける映像表現

映像はさまざまな表現で私たちに夢を与え続けています。ネットメディアは個人の発表の場を世界中に拡大し、ARやVRは空間をキャンバスに映像表現の領域を拡張しています。映像はモニターやスクリーンのフレームだけで収まることなく今後も身の回りのプロダクツや街中の建築と共存し、生活の中に映像が必要とされる場を爆発的に広げていくでしょう。今から約30年前、私は美大受験でまだ立ち上がったばかりの“映像”の学科を受けることに決めました。理由は一つ。これからは映像の時代になると信じていたからです。映像を専攻して本当に良かったと感じています。
映像は常に新しいメディアを生み出すトップランナーであり、テクノロジーと共に進化しながらさまざまな領域とタッグを組める人気ものです。これからの映像はつくることだけで終わるのでなく、どのように社会で機能し、世の中を豊かにできるのかが求められます。アウトプット先は無限にあります。次はあなたの映像を世界に発信する番です。

教員一覧へ